ダイエット 停滞期

ダイエットの停滞期とホメオスタシオス

停滞期を乗り越えよう!

長い間ダイエットをしていると、どんな人でも停滞期がおこるといいます。
順調に減っていた体重の減りが鈍化する時期を停滞期といいます。
食事も我慢して、運動もきちんと行っているにも関わらずなかなか体重が減らないとなると、たくさんの人がダイエットのモチベーションをなくしてしまうといいます。

 

停滞期が起こってしまう要因は、ホメオスタシオスという体の防衛機能によります。
ある一定の状態に体を保持しようとするのがホメオスタシオスという体の機能で、体温は周囲の気温が下がっても一定にキープされようとするのもホメオスタシオスの働きです。

 

ダイエットのために食事を減らすと、食事が減っても体重を保とうと、ホメオスタシオスは機能します。
消費カロリーを少なくして、なるべく摂取カロリーを脂肪として溜め込もうとするのです。
停滞期とは、補給できる栄養が減っても体のコンディションが変わらないように、体が必死に対抗している状態なのです。

 

またダイエットが順調に進むように、一定期間停滞期が続くと、体が元に戻ることによってなるのです。
2週間ぐらいで終わる人もいれば、1カ月かかる人もいる停滞期の期間は、人によって違うといいます。
健康な体が起こす当たり前の反応である停滞期は、ダイエットを阻むことですがなくてはならないものなのです。
停滞期を上手に乗り越えることで、ダイエットをやり遂げることができるでしょう。

近年、サプリメントを使って栄養を取り入れる人がふえています。サプリメントを使う時は、飲み合わせに注意しましょう。サプリメントの中には、薬との飲み合わせを気をつけたいものがあります。飲み合わせが悪い薬とサプリメントでは、体によくない効果が出てしまうことがあります。どんなものをどんなふうに飲んでもサプリメントであれば健康になれるというわけではありません。ワーファリンのような血栓の予防薬と、青汁の飲み合わせはよくありません。青汁やクロレラには血液を固めるビタミンK が豊富に含まれており、一緒に飲むとワーファリンの効果を弱めて血栓を形成してしまう恐れがあります。ピルなどの避妊薬を服用している状態で、サプリメントで鎮静作用を得ていると、避妊の効果が十分でないことがあります。サプリメントと抗うつ剤を併用していると組み合わせによっては抗うつ剤の効果が出すぎて、セロトニン症候群という症状が出ることがあります。飲み合わせが悪いと、体にいいはずのサプリメントや薬が、体にマイナスの影響を与えてしまう場合があります。普段薬を服用している人は、サプリメントを摂取する前にかならず主治医に相談したほうが良いでしょう。サプリメントメーカーによっては、電話サポートで相談を受け付けていることもあります。サプリメントを摂取する場合には薬との飲み合わせにはくれぐれも注意しましょう。

続きを読む≫ 2014/07/22 15:36:22

人気抜群のダイエットサプリメントは健全に減量できるように調合されています。優秀なサプリを器用に取り入れれば苦しいダイエットは必ず結果を出してくれると信じてOKです。
気楽に無理ないダイエットにチャレンジでき、デトックスすることに有効だとみんなが認めるようになった「酵素ダイエット」に不可欠なのが「酵素ドリンク」というものになります。
お気に入りの有酸素運動と並行して細く長く好きな置き換えダイエットをすることが大切です。基礎代謝そのものを低下させることなく、無理なく体重減少が期待できます。
痩せたいなら徹底的な体質改善や手軽に運動するなど手段は数多く探せますが、さしあたり摂取する熱量を低減することに重きを置いたのが話題の「置き換えダイエット」です。
手軽なウォーキングを運動で始めるなら、ダラダラと歩くのはNG。習慣で歩けるようになったら無理しない程度に目標を高くしていけば、いっそうダイエットの成果を享受できると信じられています。

続きを読む≫ 2014/05/16 23:16:16