サプリメントと薬の飲み合わせ

サプリメントと薬の飲み合わせについて

近年、サプリメントを使って栄養を取り入れる人がふえています。サプリメントを使う時は、飲み合わせに注意しましょう。サプリメントの中には、薬との飲み合わせを気をつけたいものがあります。飲み合わせが悪い薬とサプリメントでは、体によくない効果が出てしまうことがあります。どんなものをどんなふうに飲んでもサプリメントであれば健康になれるというわけではありません。ワーファリンのような血栓の予防薬と、青汁の飲み合わせはよくありません。青汁やクロレラには血液を固めるビタミンK が豊富に含まれており、一緒に飲むとワーファリンの効果を弱めて血栓を形成してしまう恐れがあります。ピルなどの避妊薬を服用している状態で、サプリメントで鎮静作用を得ていると、避妊の効果が十分でないことがあります。サプリメントと抗うつ剤を併用していると組み合わせによっては抗うつ剤の効果が出すぎて、セロトニン症候群という症状が出ることがあります。飲み合わせが悪いと、体にいいはずのサプリメントや薬が、体にマイナスの影響を与えてしまう場合があります。普段薬を服用している人は、サプリメントを摂取する前にかならず主治医に相談したほうが良いでしょう。サプリメントメーカーによっては、電話サポートで相談を受け付けていることもあります。サプリメントを摂取する場合には薬との飲み合わせにはくれぐれも注意しましょう。

関連ページ

健康に痩せらられるダイエットサプリメント
ダイエットサプリメントは健康的に痩せられるようにつくられています。サプリと合わせて有酸素運動を取り入れることで、よりダイエットの成果を早く実感することができます。